本文へスキップ
English

お知らせ一覧

  • 令和3年11月20日

    「宗三左文字」「薬研藤四郎」をそれぞれデザインした開運守護/身体守護の刀剣御守(初穂料各700円)を新たに奉製し、本日より授与を開始しました。

  • 令和3年10月26日

    富山市郷土博物館の企画展『佐々成政の手紙−古文書から浮かび上がる戦国時代』(10月30日(土)〜12月12日(日))に建勲神社蔵の佐々成政直筆書状及び三十六功臣画”佐々成政”の写しが展示されます。佐々成政文書の約3分の1が一堂に会するとのこと是非ご覧ください。

  • 令和3年10月20日

    10月19日の船岡大祭は、参列者を限定しての開催となりましたが、仕舞『敦盛』『小鍛冶』、舞楽『左方 抜頭』の奉納も行われ、厳粛に斎行することができました。ご参列、ご献饌いただいた皆様どうもありがとうございました。船岡大祭の宮司挨拶を宮司講話集「新しい三十六功臣画」として掲載しました。

  • 令和3年10月11日

    10月15日(金)〜令和4年2月28日(月)まで船岡山周辺エリアを中心に京都市北区にて「京都船岡山アストロロジー×京都市北区役所」もっと船岡山も北区も盛り上げたい!キャンペーンが開催されます。建勲神社では、謎解きラリーのチェックポイントとしてスタンプ台を設置するとともに、地域連動キャンペーンとして、謎解きラリー台紙をお持ちで、御朱印や御守等の授与品を受けた方先着1,000名様に建勲神社オリジナル栞をプレゼントいたします。

  • 令和3年10月3日

    本年4月より9月末日までの間、織田信長公三十六功臣画リニューアル事業として一口奉賛・特別奉賛を募りましたところ、多くの方々から御奉賛を賜り心より感謝申し上げます。10月10日に奉納奉告祭を斎行し、その後10月19日の船岡大祭までに三十六功臣のうち十二功臣の新たな額を拝殿に掲示する予定です。ご参拝の折は新しい功臣画をぜひご覧ください。

  • 令和3年9月19日

    10月19日(火)11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。今年も新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、参列者数を限定して斎行することとなりました。申し訳ございませんが、ご参列・ご見学はご遠慮いただくようお願い申し上げます。来年は皆様をお迎えして、盛大かつ厳かに船岡大祭を斎行できますこと、心より祈念致しております。

  • 令和3年9月15日

    サントリー美術館『刀剣 もののふの心』(9月15日〜10月31日)への出展を記念して、黒色の宗三左文字の御朱印帳(初穂料1200円)を数量限定で奉製しました。既存のピンク色のご朱印帳の色違いとなります。本日より授与を開始しました。

  • 令和3年7月27日

    サントリー美術館(東京都)開館60周年記念展『刀剣 もののふの心』(9月15日(水)〜10月31日(日))に、建勲神社蔵の重要文化財「紺絲威胴丸具足」及び重要文化財「義元左文字(宗三左文字)」が出展されます。久しぶりに二点を同時にご覧いただける貴重な機会となりますので是非ご覧ください。

  • 令和3年6月22日

    「宗三左文字」「薬研藤四郎」をデザインした黒色の開運厄除御守(初穂料500円)を新たに奉製しました。ステッカータイプの直径4pのお守り1体、直径2.5pのお守り2体が入っています。どうぞ携帯電話、定期入れ、手帳、鞄、自転車、自動車など身近なものや大切な場所にお貼りください。

  • 令和3年6月7日

    夏越大祓の茅の輪守りの頒布を開始しました。またこの半年間で知らず知らずのうちに身についた穢れをうつし祓い清める大祓人形のお申込も承っております。なお本年の茅の輪神事につきましては、全員で一斉に和歌を唱和しながら茅の輪をくぐるのではなく、各自で距離をあけておくぐりいただく形式とさせていただきます。大鳥居内に茅の輪を設置いたしますので、6月26日(土)から30日(水)までの間におくぐりください。また夏越大祓式も神職のみで斎行いたします。

  • 令和3年5月6日

    義照稲荷神社の東側崖の補強工事のため、当面の間、義照稲荷神社及び命婦元宮には結界の外側よりご遙拝いただきますようお願い申し上げます。また大鳥居内の広場も一部立入禁止となります。大型の工事車両が出入りしますので、どうぞ参拝通路をお気をつけてご通行ください。

  • 令和3年4月26日〜7月31日

    戦国武将ゆかりの地を周遊しながら謎を解いていく「戦国歴史謎解きラリー」JR東海主催)が京都・滋賀・愛知・岐阜・静岡各地で順次開催されています。建勲神社では謎解きの手がかりが書かれた看板の設置及び記念品のお渡しに協力しています。京都の織田信長公の謎解きラリーは阿弥陀寺→建勲神社の順にご巡拝いただくことで完結します。スマホをお持ちの方はどうぞお気軽にご参加ください。

  • 令和3年4月15日

    本日より境内北側の高木の間伐等の工事が始まりました。ご不便をおかけしますが、作業中は北参道が一時通行止めとなりますので、東参道もしくは南参道よりご参拝くださいますようお願い申し上げます。

  • 令和3年4月7日〜9月30日

    明治初期の神社創建後まもなくより拝殿に掲げております織田信長公三十六功臣の板絵につきまして、この程、織田信長公三十六功臣画リニューアル事業として、原画をもとに複製し再額装するための一口奉賛(2000円)・特別奉賛(5万円以上)を募ることといたしました。どうぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 令和3年3月11日〜6月30日

    船岡山界隈にて「京都寺町三条のホームズ×京都市北区役所」船岡山を盛り上げたい!キャンペーンが開催されています。建勲神社では、スタンプラリーの必須ポイントとしてスタンプ台を設置するとともに、地域連動キャンペーンとして、スタンプラリー台紙をお持ちで、御朱印や御守等の授与品を受けた方先着1,000名様に建勲神社オリジナル栞をプレゼントしています。※4月5日に栞のプレゼントは終了しました。

  • 令和3年3月3日

    一口植樹・特別献木(平成三十年台風二十一号被害復興植樹事業)のご芳志により、令和2年3月(特別献木の染井吉野2本、八重紅枝垂2本、山桜1本の若木計5本)に続き、本年1〜2月に、一口植樹の御奉賛による河津桜5本、雨情枝垂1本、山紅葉2本、榊5本、また追加の特別献木の染井吉野2本、一重白彼岸枝垂1本の若木計16本を植樹しました。

  • 令和3年1月1日

    織田信長公にゆかりの刀剣、宗三左文字薬研藤四郎不動行光の特別朱印(初穂料各500円、缶バッジ付)を新たに奉製し授与を開始しました。

  • 令和2年11月9日

    不動行光の御朱印帳(初穂料1200円)を新たに奉製しました。12cm×18cmサイズの紫色で、織田信長公の愛刀であり、森蘭丸に下賜された短刀 不動行光をデザインしたものです。

  • 令和2年10月23日

    10月19日の船岡大祭は、参列者を限定しての開催となりましたが、仕舞『敦盛』『小鍛冶』、舞楽『右方 還城楽』の奉納も行われ、厳粛に斎行することができました。ご参列、ご献饌いただいた皆様どうもありがとうございました。船岡大祭の宮司挨拶を宮司講話集「境内の整備」として掲載しました。

  • 令和2年9月19日

    10月19日(月)11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。今年は大変残念ではありますが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けまして、神職及び総代ほか最小限の関係者のみにて粛々と斎行することとなりました。申し訳ございませんが、ご参列・ご見学はご遠慮いただくようお願い申し上げます。来年は皆様をお迎えして、盛大かつ厳かに船岡大祭を斎行できますこと、心より祈念致しております。

  • 令和2年7月20日

    8月8日(土)と9日(日)に京都刀剣御朱印めぐり第10弾の記念イベント【京都刀剣四社の社宝と伝統文化】が開催されます。粟田・豊国・藤森・建勲各神社の刀剣と社宝が一同に集結し、解説付きの鑑賞会やトークイベントも開催されます。オンラインでもご覧いただけますので是非ご参加ください。

  • 令和2年6月15日

    夏越大祓の茅の輪守りの頒布を開始しました。またこの半年間で知らず知らずのうちに身についた穢れをうつし祓い清める大祓人形のお申込も承っております。なお本年の茅の輪神事につきましては、全員で一斉に和歌を唱和しながら茅の輪をくぐるのではなく、各自で距離をあけておくぐりいただく形式とさせていただきます。大鳥居内に茅の輪を設置いたしますので、6月27日(土)から30日(火)までの間におくぐりください。また夏越大祓式も神職のみで斎行いたします。

  • 令和2年6月7日

    史跡整備事業のため北参道石段に仮設路を設置しました。北参道よりご参拝の方は通路が狭くなっておりますのでお気をつけください。また作業中は一時通行止めとなる場合もございます。事業期間中(〜11月頃)はなるべく東参道、南参道をご利用ください。なお境内南側の遊歩道も一部通行止めとなります。
  • 令和2年4月1日

    一口植樹・特別献木(平成三十年台風二十一号被害復興植樹事業)のご芳志によるソメイヨシノ、ヤエベニシダレ等の桜の若木の植樹を3月に行い、本日、植樹奉告祭を斎行いたしました。
  • 令和2年3月18日

    「宗三左文字」「薬研藤四郎」をデザインした開運厄除御守(初穂料各500円)を新たに奉製し、本日より授与を開始しました。ステッカータイプの直径4pのお守り1体、直径2.5pのお守り2体が入っています。どうぞ携帯電話、定期入れ、手帳、鞄、自転車、自動車など身近なものや大切な場所にお貼りください。
  • 令和2年2月5日

    宗三左文字特別朱印(初穂料300円)、薬研藤四郎特別朱印(初穂料300円)を新たに奉製し、本日より授与を開始しました。
  • 令和2年1月31日

    黒色の宗三左文字の御朱印帳(初穂料1200円)を数量限定で奉製しました。12cm×18cmサイズで、建勲神社蔵の重要文化財”義元左文字(宗三左文字)"をデザインしています。本日より授与を開始しました。
  • 令和2年1月30日

    【京都刀剣御朱印めぐり】第10弾 2月22日(土)開始
    刀剣にゆかりの京都の四神社(粟田・藤森・豊国・建勲)にて各社ゆかりの刀剣特別御朱印(14.8cm×20.0cm 見開きサイズ)を授与します。特製クリップ(3.2cm×3.2cm)付で初穂料は1枚700円です。4枚を並べると中央に「京都刀剣」の鍔が完成します。皆様のご参拝をお待ちしています。
  • 令和2年1月30日

    【京都刀剣御朱印めぐり】第8弾 色紙授与は2月15日(土)で終了とさせていただきます。なお、残り少なくなっておりますので、15日以前になくなる場合もありますことご了承ください。
    すでに色紙をお持ちの方は2月15日以降も、押印、内札・御守袋の授与を行いますので、引き続きご巡拝ください。
  • 令和元年12月1日

    本年6月より11月末日までの間、平成三十年台風二十一号被害復興植樹事業のため一口植樹・特別献木を募りましたところ、多くの方々から御奉賛を賜り心より感謝申し上げます。来年2月から3月頃、ご芳志をもとに、もみじや桜の植樹を行う予定です。まずは御礼申し上げます。
  • 令和元年11月2日

    天下布武の見開き御朱印用の御朱印帳(初穂料:3,000円)を新たに奉製し、本日より授与を開始しました。表紙には織田木瓜紋、揚羽蝶紋、義元(宗三)左文字を、裏表紙には信長公の花押、薬研藤四郎をデザインしています。

  • 令和元年10月21日

    10月19日の船岡大祭は、雨天となりましたが、無事斎行することができました。ご参列、ご献饌いただいた皆様どうもありがとうございました。船岡大祭の宮司挨拶を宮司講話集「明治の息吹を伝える建勲神社の建物」として掲載しました。

  • 令和元年9月27日

    10月19日(土)11時より毎年恒例の船岡大祭が斎行されます。今年は仕舞『敦盛』『小鍛冶』、舞楽『陵王』、また火縄銃演武の奉納が予定されております。火縄銃につきましては、お祭りにおける演武奉納に加え、14時からも再度演武を実施致します。皆様どうぞご参列ください。

  • 令和元年9月7日

    本日よりへし切長谷部特別朱印(初穂料300円)の授与を開始しました。平成29年に授与したご朱印の復刻版となります。

  • 令和元年7月1日

    7月18日(木)より『京都刀剣御朱印めぐり』第9弾として、粟田神社、藤森神社、建勲神社、豊国神社の4社にて、各社ゆかりの刀剣名の記された御朱印色紙(初穂料:1枚500円、缶バッジ付)を授与します。皆様のご参拝をお待ちしております。

  • 令和元年7月1日

    平成30年7月1日の「薬研藤四郎」再現刀のご奉納より一周年となることを記念して、本日より新たな薬研藤四郎特別朱印(初穂料600円)の授与を開始しました。

  • 令和元年6月18日

    夏越大祓の茅の輪守りの頒布を開始しました。またこの半年間で知らず知らずのうちに身についた穢れをうつし祓い清める大祓人形のお申込も承っております。
    6月30日(日)17時半より大鳥居前にて夏越大祓式が、続いて18時より茅の輪神事が斎行されますのでどうぞご参列ください。

  • 令和元年6月13日

    台風21号により倒壊した義照稲荷神社が無事再建され、本日、竣工奉祝祭を執り行いました。これを記念して、義照稲荷神社命婦元宮の御朱印(初穂料300円)の授与を開始しました。また、平成三十年台風二十一号被害復興植樹事業として一口植樹・特別献木を募りますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 令和元年5月12日

    450年前の今日、永禄12年4月16日(1569年5月12日)に、宣教師ルイス・フロイスが建設中の二条城において信長公に献上したとされる金平糖を、緑寿庵清水さまより今後継続的にご奉納いただくこととなり、本日奉納奉告祭を執り行いました。ご奉納いただいた金平糖は撤下神饌としてご祈祷された方にお頒ちします。

  • 平成31年4月27日

    本日より天皇陛下御即位記念の特別朱印(初穂料:500円)の授与を開始しました

  • 平成31年4月14日

    昨年7月に奉納された信長公愛用の短刀「薬研藤四郎」再現刀の次回の公開日程をお知らせいたします。皆様のご参拝をお待ちしております。
    日時:11月2日(土)〜11月10日(日) 9時半〜16時半
    場所:建勲神社貴賓館)

  • 平成31年4月11日

     建勲神社蔵の重要文化財「義元左文字(宗三左文字)」の出展予定 】
     ◆ 福岡市博物館『侍 〜もののふの美の系譜〜 The Exhibition of SAMURAI』
       2019年9月7日(土)〜10月6日(日)

  • 平成31年3月30日

    昨年奉納された薬研藤四郎再現刀の刀袋を意匠とし、吉光の守り刀にあやかった薬研藤四郎の身体守護の御守(初穂料1000円)の授与を本日より開始しました。
  • 平成31年3月24日

    昨年10月の薬研藤四郎再現刀の公開に際して行われた藤安将平刀匠の講話について、その内容をまとめて掲載しましたので、是非ご一読ください
  • 平成31年1月19日

    本日より信長公ゆかりの仕舞「敦盛」の御朱印(初穂料:500円)の授与を開始致します。
  • 平成31年1月18日

    薬研藤四郎の御朱印帳(初穂料1200円)の黒色版を数量限定で奉製しました。12cm×18cmサイズの黒色で、織田信長公ゆかりの短刀”薬研藤四郎"をデザインしたものです。明日より授与を開始します。
  • 平成30年12月23日

    平成31年1月19日(土)より『京都刀剣御朱印めぐり』第8弾として、粟田神社、藤森神社、建勲神社、豊国神社の4社にて、各社ゆかりの刀剣名の記された専用色紙を授与し、各社で特別に奉製した御朱印を押印するとともに各社ゆかりの刀剣御守(内符)を授与致します。また4社を巡拝された方には特製の御守袋を授与致します。初穂料は1社目1200円、2社目からは500円です。皆様のご参拝をお待ちしております。
  • 平成30年12月11日

    建勲神社写真集台風21号(平成30年)を、宮司講話集「ごあいさつ−台風被害からの復旧状況について−」を掲載しました。
  • 平成30年11月20日

    建勲神社写真集”薬研藤四郎”再現刀の奉納及び公開(平成30年)を追加しました。
  • 平成30年11月3日

    10月19日の船岡大祭は晴天に恵まれ滞りなく斎行することができました。ご参列、ご献饌いただいた皆様どうもありがとうございました。船岡大祭の宮司挨拶を宮司講話集「薬研藤四郎のご奉納」として掲載しました。
  • 平成30年10月13日

    【 建勲神社蔵の重要文化財「義元左文字(宗三左文字)」の出展予定 】
     ◆ 京都国立博物館『京のかたな 匠のわざと雅のこころ
       9月29日(土)〜10月28日(日) <現在出展中>
     ◆ ふくやま美術館(広島県福山市)『筑前左文字の名刀
       11月11日(日)〜12月9日(日)
     ◆ 佐野美術館(静岡県三島市)『REBORN 蘇る名刀』
       2019年2月1日(金)〜2月24日(日)
     ◆ 福岡市博物館『侍 〜もののふの美の系譜〜 The Exhibition of SAMURAI』
       2019年9月7日(土)〜11月4日(月)のうち数週間(期間未定)