本文へスキップ
      

TEL.075-451-0170

〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49

織田信長公三十六功臣

斎藤 新五
(利興)

斎藤道三の実子といわれ、義龍の腹違いの弟とみられる。弘治2年(1556)道三が義龍に討たれる前後に美濃を脱し信長のもとに寄寓。永禄8年(1565)加治田・絹丸以下2千2百貫弱の所領を与えられる。元亀元年(1570)小谷城攻め、同3年の河内国交野での戦い、同4年槙島城攻めなど各地を転戦。天正2年(1574)の伊勢長島攻めでは信忠の指揮下に入っている。天正6年(1578)上杉謙信没後、越中に派遣され、太田保月岡野での戦いにて大きな戦功を挙げた。天正10年(1582)、本能寺の変に際し、二条城の信忠とともに討死。妻は美濃加治田城主で信長に内応して中濃攻略に貢献した佐藤紀伊守の娘。子孫は備前池田藩家臣として明治まで存続した。