本文へスキップ
      

TEL.075-451-0170

〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49

織田信長公三十六功臣

福富 貞次
(秀勝、平左衛門)

鎌倉幕府に仕えた梶原景時の家臣、福富万蔵国秀が福冨家の初代。梶原一族討死後、尾州羽黒村に逃れた七人衆の一人が福富万蔵。山姥物語で知られる福富新蔵国平も先祖にあたる。信長の側近として若い頃から仕え、赤母衣衆の一人として活躍。永禄11年(1568)上洛時に山城の青龍寺城を攻略した際の検視役を猪子兵助と共に務めた。永禄12年8月の伊勢大河内城攻めに従軍。天正3年(1575)長篠の戦いでは佐々成政らと共に鉄砲奉行を務めている。木村次郎左衛門と共に安土町奉行としても活躍。天正5年松永久秀謀反の際は人質成敗の奉行を務めた。武将としてだけでなく菅屋長頼、矢部家定、長谷川秀一、堀秀政らともに側近吏僚として力を発揮した。天正10年(1582)本能寺の変にて信忠に従い二条城で討死。