本文へスキップ
      

TEL.075-451-0170

〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49

織田信長公三十六功臣

堀 秀政
(久太郎)

美濃茜部城に居城、代々斎藤氏に仕えた。秀政は永禄8年(1565)13歳の頃から信長に仕え、信長の信頼厚く、代表的側近の一人となり、軍師・奉行として活躍した。元亀3年(1572)浅井長政攻めの際、浅井方への使者を務め、天正6年(1578)相撲興行の奉行、同7年安土宗論の奉行、同8年伴天連屋敷造営の奉行、同9年安土城北の馬場造営の奉行、同10年に安土城公開時の奉行、馬揃えの奉行なども務めた。一方、雑賀攻め、伊賀攻めなどでは武将としても活躍。天正10年(1582)本能寺の変の際は、中国で高松城を水攻めにしている羽柴秀吉への使いとして派遣されており、高松到着後に異変を知り、秀吉について山崎の戦いに参加。その後秀吉配下となり、徳川勢との小牧長久手戦にて功績。天正18年(1590)小田原攻めの時亡くなる。