本文へスキップ
      

TEL.075-451-0170

〒603-8227 京都市北区紫野北舟岡町49

織田信長公三十六功臣

簗田 出羽守
(広正、左衛門太郎)

尾張春日井郡九坪城主。はじめ斯波氏に仕えるが、やがて斯波氏に見切りをつけ信長に仕える。永禄3年(1560)桶狭間の合戦で功績を認められ沓掛城を与えられたという。元亀元年(1570)6月の小谷城攻めに際し、虎後前山から横山への転進の際、佐々成政、中条将監と共に殿を務める。天正2年(1574)の長島一揆征伐には信忠軍に属し活躍。天正3年7月、功績を認められ朝廷から別喜右近という官位を賜る。同年8月、加賀一向一揆鎮圧後、加賀を委ねられるが、すぐ一揆が再蜂起し、これを抑える事ができず蟄居。天正6年信忠の命により兵庫・明石間などの海賊警護役を務めているが天正7年に没した。なお桶狭間の戦いで活躍した簗田出羽守と別喜右近を賜った簗田広正とは別人との見方もある。